授賞式

財団法人松山バレエ団 平成22年度第21回顕影表彰式が6月20日午後2時よりフロラシオン青山で行われました。
関西からも、後援会役員はじめ15名が駆けつけ、華やかな、温かい授賞式に、感動しました。

第22回財団法人松山バレエ団 顕影 芸術奨励賞 小西裕紀子
受賞理由:たゆまぬ鍛錬を経て、今後の舞踊界、舞台芸術を担う者としての存在感を持ち、さらに努力研鑽を積み重ね、その活動が顕著であることに対して。

小西裕紀子慶びのスピーチ『感謝を込めて』
何度も立ち止まりました。
何度も後戻りしました。
それでも、バレエが好き、踊ることが好き、創ることが好きでここまで来ました。
この素晴らしい賞受賞の喜びを皆さんにお知らせしましたところ、一緒になって、喜び、お祝いの言葉を送ってくれる、国内外、いろんな分野の方があり、改めて、たくさんの方々に支えられてきたのだということを感じています。
バレエは一人ではできません。
しかし、鏡に向かう時、バーにつかまる時、舞台に臨む時、孤独です。
でも、支えてくれる方々への感謝を忘れずにいれば、もう少し前にすすむ勇気を持つことができると、励まされました。
ありがとうございます。

平成23年6月20日
(社)桧垣バレエ団
小西裕紀子

受賞式 受賞式 受賞式 撮影:エーアイ